企業情報
  • HOME
  • 企業情報:コンプライアンス行動基準

コンプライアンス行動基準

 三菱レイヨングループは、「行動憲章」をより具体化した「コンプライアンス行動基準」を制定しています。私たちは行動憲章・コンプライアンス行動基準に従って、企業理念“Best Quality for a Better Life”を実現し、社会とともに持続的成長を図っていきます。
 

お客さまに対するベストクオリティ

1. お客さまの視点に立ち、安全で高品質な製品やサービスを提供します。

2. 公正な取引を行い、お客さまと強い信頼関係を築きます。
(1) 販売先、購買先、業務委託先等のすべての取引先と、相互信頼に基づく適切な関係を保ちます。 (2) 贈答・接待は良識の範囲で行い、不公正な目的のためには行わず、また受けることもしません。

3. イノベーションを通してお客さまと共に成長します。
(1) お客さまの意見に真摯に耳を傾け、誠実な対応を行うとともに、製品の開発・改良・製造及び販売に役立てます。
(2) 提供した製品・サービスに、事故やトラブルが生じた場合には、迅速かつ適切な対応を行います。

社会・環境に対するベストクオリティ

1. 安全の確保と環境の保全に積極的に取り組みます。
(1) 安全を全ての事業活動において優先するものとし、安全操業の確保、化学物質の適正管理を含む製品・サービスの安全性の確保に自主的に取り組みます。 (2) 生物多様性を含む地球環境の保全に積極的に取り組み、省資源・省エネルギー、廃棄物の削減・再利用に努め、環境負荷の低減に貢献する新技術や製品・サービスを開発します。

2. 法令を遵守し、情報の開示及び管理を適切に行います。
(1) 国際ルールを守り、各国の法令及び会社の規則を遵守します。 (2) 高い倫理観と社会的良識を持ち、違法の疑いのある行為は行いません。 (3) 独占禁止法その他の関係法令を遵守し、カルテルや談合、優越的地位の濫用などを行わず、公正で自由な競争を行います。 (4) 外国為替及び外国貿易法その他の関連法令を遵守し、輸出管理を適正に行い、国際的な平和と安全の維持を妨げるおそれのある製品や技術の輸出は行いません。 (5) 営業秘密や特許権、著作権、技術ノウハウ等の知的財産を侵害しません。 (6) 従業員や取引先等の第三者の個人情報については、個人情報保護法等の法令に従い、厳重かつ適正に管理します。 (7) 秘密情報を適切に管理し、インサイダー取引の発生を防止します。 (8) 違法な政治献金や利益供与は行わず、反社会的勢力や団体には毅然と対応します。 (9) 財務内容や事業活動状況などの経営情報を、適時・適切に開示し、企業活動の透明性を保ちます。


3. 多様な文化を尊重し、社会及びステークホルダーとの共生に努めます。
(1) それぞれの国や地域の文化や慣習を尊重し、社会との共生に努めます。 (2) 顧客・消費者、取引先、従業員、株主・投資家、地域社会等の様々なステークホルダーとの関係を重視し、適正かつ友好的な関係の維持、発展に努めます。

自らのベストクオリティ

1. 仕事に対する情熱と使命感、そして自己を変革する勇気を持ち続けます。
(1) 社会に貢献する価値の創造に情熱を燃やし、高い理想と使命感を持って仕事に取り組みます。 (2) グローバルな視野で環境変化を敏感に捉え、常に問題意識と改革を志す熱意を持ちます。 (3) 自らの役割をよく認識し、必要な能力を高めるとともに、目標に果敢にチャレンジし、その達成に努めます。

2. お互いの個性を尊重し、健康で働きやすい環境を構築します。
(1) 個人の人権・人格・個性を尊重します。 (2) 人種、国籍、性別、思想、信条、信仰、障がい等を理由とする不合理な差別をしません。 (3) 従業員に能力開発の機会と活躍の場を提供し、多様な人材を活用し、育成します。 (4) コミュニケーションとチームワークを大切にする職場風土・環境を創ります。 (5) ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の両立)を尊重し、メリハリのある働き方を推進します。
(6) 職場における、相手方の意に反する性的な言動や、職務上の必要性を越えた人格や尊厳を侵害する言動を許しません。
(7) あらゆる形態の強制労働、児童労働を排除します。 (8) 組合活動を尊重し、より良い労使関係を築きます。 (9) 社会への貢献を通じ従業員が誇りを持って働ける会社となります。

3. 世界中のパートナーと連携し、自らの能力を最大限に発揮します。