CSR

三菱レイヨングループのCSR

 

基本的な考え方

三菱レイヨングループは、MCHグループの一員として、環境・社会課題の解決にとどまらず、人・社会そして地球にとって快適な真の持続可能な状態を意味する「KAITEKI」の実現をめざしています。そのために、三菱レイヨングループは、従業員一人ひとりが経営理念である"Best Quality for a Better Life"と、それを具体化した「行動憲章」の実践に努めるとともに、事業のグローバル展開を積極的に推進していくなかで、多様なステークホルダーと国際社会からより一層信頼され、期待されるような価値創造に努めています。

 

三菱レイヨングループと主なステークホルダー

CSR活動の取組みにおいては、ステークホルダーと信頼関係を築くことが何よりも重要です。三菱レイヨングループは、多様なステークホルダーとの双方向の対話を重ねることで、ステークホルダーの意見、期待やニーズを事業活動に適宜反映するように努めるとともに、持続的な社会の発展に向け、ステークホルダーとの連携・協働に努めます。

三菱レイヨングループと主なステークホルダー

 

CSR推進体制

三菱レイヨンは、グループのCSR活動全般に係わる意思決定機関として、社長が議長を務め、監査役を含む経営会議メンバーで構成される「CSR経営会議」を設置し、グループのCSR活動の内容や進捗状況を共有・評価するとともに、活動方針を審議・決定しています。 また、CSR経営会議の傘下に、具体的な活動計画を立案・推進する「リスク管理委員会」「安全環境品質委員会」「コンプライアンス委員会」「情報セキュリティ委員会」を設置しています。各委員会では、所管テーマごとに活動計画を策定し、CSR経営会議での決定を経て、具体的な活動を推進しています。

組織図

2016年4月1日 現在

以下の取り組みに関する詳細は下記リンクからご覧下さい。