CSR

MCHCグループのビジョンとCSR

 三菱レイヨングループの持株会社である三菱ケミカルホールディングス(MCHC)は、環境・社会課題の解決にとどまらず、社会そして地球の持続可能な発展に取り組むことをめざすMCHCグループオリジナルのコンセプト「KAITEKI」を掲げ、企業活動とCSR活動を一体的に推進しています。

時を越え、世代を超え、人と社会、そして地球の心地よさが続く状態――KAITEKI実現をビジョンに

私たちのありたい姿

 三菱ケミカルホールディングス(MCHC)グループが掲げる「KAITEKI」とは「時を越え、世代を超え、人と社会、そして地球の心地よさが続く状態」を表し、環境・社会課題の解決にとどまらず、社会そして地球の持続可能な発展に取り組むことを提案したMCHCグループオリジナルのコンセプトです。
 MCHCグループは、このKAITEKIの実現をビジョンに掲げ、グループ理念である「Good Chemistry for Tomorrow」のもと、Sustainability(環境・資源)、Health(健康)、Comfort(快適)をMCHCグループの企業活動の判断基準としています。そして、化学を基盤としたグループ各社の総合力を結集して「素材」「ヘルスケア」「機能商品」という3つの事業分野において幅広い製品・技術・サービスを提供しています。
 企業活動を通じて「環境」「エネルギー」「健康・医療」「エレクトロニクス・IT」「暮らし」などの分野に貢献し、KAITEKIを実現すること。それがMCHCグループのめざす姿です。